ヒメちゃん

ワバチに興味を持ち、探求していくと、

必然的に スズメバチ の存在にぶつかり、その生態も知ることになります。

 

日本に生息する大型スズメバチは、以下の8種類が知られています。

vespa (2)

【 国内に生息する大型スズメバチ 8種 】:ヒメちゃんはどれでしょう?

 

 

その中で、最も大人しく、最も早く活動を終える スズメバチ がいます。

 

「 ヒメスズメバチ 」(姫雀蜂)

 

私は勝手に ヒメちゃん ” と呼んでいますが、

このハチ、アシナガバチだけを専門に襲うという、珍しい食性を持っていて、

ワバチには全く悪さをしないので、個人的には気に入っていたりします。

 

でも、オオスズメバチに次いで大きな体なので、怖がられていたりもします。

大人しくて、近寄っても攻撃などしてこないのですが・・・。

 

ここの所、このヒメちゃんを、頻繁に目撃します。

そろそろ、活動終盤を迎えているのでしょう、活発に飛び回っている姿を、

よく見かけます。

 

ヒメ

【 ヒメスズメバチ 】: ヤブガラシの蜜を吸蜜中。 (動画は こちら

 

ヒメ2

【 ヒメスズメバチ 】: 腹部末端が黒いのが特徴

 

こんなに近付いちゃってる(約5cm)のに、無視ですよ・・・。

花に夢中で、こちらなど、全く眼中にありません。。。

このように、


花に来ている時の ハチ


は、例えそれが、スズメバチであったとしても 全く危険は無い んです。

 

危険なのは、巣に居る時だけ。

でも何とこのヒメちゃん、巣を攻撃しても威嚇だけで、刺してはこないそうです。

本当に大人しい、本物のお姫様 なんですね。

 

因みに、このヤブガラシには、ワバチもよく訪花するんですよ。

 

 



 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


余談ですが・・・・・,

スズメバチについて

 

ミツバチは、一年中活動しているのですが、

スズメバチ(アシナガバチも同様)は、春から秋にかけての半年間しか活動しません。

 

hatinoseikatu秋に、新たに、大量に新女王蜂と雄蜂が生まれ、その時、交尾した新女王蜂だけが 冬眠 をします。


翌年の春、目覚めた女王蜂は、5月頃から、たった1匹で巣作りを始め、巣を大きくしていくんです。


そして、秋になると、来春活動する 新女王蜂、交尾相手となるオス蜂を産み育て、死んでいきます。

 

同時に、多くの働き蜂も、また、

冬を越せずに死に絶えるのです。


 

儚い、儚い、一生です・・・・・。

 


スズメバチって、太く、短く生きる ハチ なんですね。

 

このハチ、人の無知なるが故の誤解が、たくさんあるように感じます。

今後も、ワバチにまつわる話として、スズメバチのことも書いていこうと思っています。









《 関連リンク 》

 ● ヤブガラシ

 ● おしりフリフリ ・・・・!?






プロフィール

やっこ

Author:やっこ
ニホンミツバチに関する様々なことを、
気ままに思いつくまま書いてます。
可愛く癒されるワバチの魅力を、たくさん発見したいと思っています。

アルバム
お知らせ!!
ブログに関する、お知らせをしています。

(現在、不定期に更新しています。)


・系図・作成ツール 公開!! → こちら


・採餌圏MAP 公開!!
 → こちら

Gallery
最新記事
ブログ内 検索
カテゴリ
月別アーカイブ
記事一覧

記事の一覧表示


管理画面 ( )
最新コメント
やっこ の オススメ書籍

ワバチに関する、おすすめの本です。

ぜひ、読んでみて下さい!!




ニホンミツバチが日本の農業を救う



ハチはなぜ大量死したのか