採餌圏MAP

前回、ワバチの採餌圏は、おおよそ 半径 2km と書きました。

飼育する場合などには、この採餌圏を、事前に調べた方がよいのですが、

 

 

「 半径 2㎞ って、どの位なんだ? 」

 

 

と、常々、感じていました。


実際に、地図を見ても、今一つ、イメージし難いんですよねぇ・・・。

そこで、簡単にイメージ出来る、採餌圏MAP を作ってみました。

 

chizu

【 採餌圏MAP 】:この画をクリックするとMAPが開きます。

 

これは、Google Map を利用していますが、簡単に、採餌圏を調べられます。

シンプルですが、結構便利ですので、よろしければ、試してみて下さい。



以下、使用説明です。

  

・上の 日本全図 の 画像 を クリック することで MAP が開きます。

     MAP が開くと「位置情報」を調べて良いか? と聞かれます。

     初めて開く場合には、位置情報の許可 を求められますが、

     許可することで、現在地を中心とした地図 が表示されます。

 

     一方、許可しなかった場合、あるいは、許可したけれども、

     現在地が、取得できなかった場合には、上の画像のような、

     日本全図 が表示されます。

 

     一応、GPS機能 の無い パソコン でも、

     電話基地局や、IPアドレス などから、現在地を割出すようです。

     ただ、不正確になってしまいます・・・。

   (不思議なことに使用するブラウザによっても位置が違います・・・。)

 

 

・地図上の任意の場所を、クリック (タップ)。

     マーカーが表示され、そこを中心とした半径 2㎞範囲 が現れます。

     ( 複数の 採餌圏 の表示が可能です。)

 

・地名、住所から開く。

     左上の 検索BOX の中に、地名や住所などを入力すると、

     その場所を中心とした、地図が表示されます。

 

・採餌圏を移動させたい場合。

     マーカーを ドラッグ &ドロップ して下さい。

 

・マーカーをクリック。

     吹き出しが現れ、円の半径が表示されます。

     この中の「 Veiw 」ボタンを押すと、ストリートビュー を表示します。

     あまり意味はありませんが、おまけで付けてみました。

 

・採餌範囲を、変更する。

     円周上4ヵ所、小さな丸 があります。

     この部分を ドラッグ しながら動かすことで、円の大きさが、変えられます。

 

・MAP左下の「やっこロゴ」をクリック。

     使用説明のページ(このページ)が開きます。

 

 

 

※ パソコンでの使用を前提に、作成しています。

 

    ・IE (インターネットエクスプローラー)

    ・Edge (エッジ) 表示されない時は、ページの更新処理をして下さい。

    ・Google Chrome

    ・Safari

    ・Fire Fox

 

    などの 主要ブラウザ では、動作確認済みです。

    タブレットスマートフォン でも、利用出来ます。

  (※ iOS 系(iPad・iPhone)では、iOS10 以降でのみ表示可能です。)

 

    Mobile版のGoogle Chrome で、表示されない場合は、コンテンツ設定の

  「エンコード自動検出」をONにして下さい。

 

 

 

 

非常にシンプルですが、工夫次第では、様々な利用が可能かと思います。

 

・今飼っているワバチの採餌圏が、直ぐにイメージ出来て便利です。

・MAPを「航空写真」表示に切り替えることで、緑(林などの蜜源)の場所が、

   直観的に、すぐ分かります。

・携帯端末(iPhone など)でも使用出来るので、今花に来ているこのワバチの巣が、

   どの範囲にあるのかも、想像できます。

・身近な場所の距離を、単に測ってみるだけでも面白いでしょう。

・私は、自然巣探索にも利用しています。

 

また、複数の採餌圏 を、同時に表示させられるので、

 

・蜂場を増やす場合なら、採餌圏が重ならない場所はどこだろう?

・複数の蜂場をお持ちなら、今はどの位の採餌圏の重なりがあるのだろう?

 

といった、蜂場決めの、目安にも使えます。

MAPの ショートカット を作成しておけば、便利です。

 

 

尚、不明な点や改良点、バグなどありましたら、コメント欄で教えて下さい。

私に可能であれば、改善致します。

 

 



 

 


《 関連リンク 》

 ● どこまで飛ぶの?








(最終更新日:2016.09.25)



系図・作成ツール

今回は、パソコンで使える 管理ツール をご紹介したいと思います。

興味がおありの方だけ、お読み下さい。

 

ワバチを数年にわたって、複数群、飼育していたりすると、

 

血統の確認分析

 

をしたくなってきます。

 

例えば、A群 が分蜂(巣別れ)して、 B と C と D の3群が、増えた場合

それぞれ、3つの群は、A群の子供ということになります。

 

翌年、B群が分蜂して、E群が 増えた場合

E群の親は B群 で、そのB群の親は、A群 で・・・。

 

このように、群の血統 をたどりたくなってくるんです。

そして、この群は、

 

「 A群の血を引いているから、○○○○ だぞ!!」

 

とやりたくなるわけです。(自己満足ですみません・・・。)

 

これを、簡単に知るためには、

家系図 のように、一目すれば、先祖が分かるような、系図 があれば便利です。

 

初め私は、紙に書いたり、パソコンに打ち込んで、記録していたんですが、

この作業が面倒で、もっと 簡単 に管理出来ないものか、と思っていました。

 

そこで、今回ご紹介するツールを、作ってみたわけです。

と言っても、全く大そうなものではなく、非常にシンプルなものです。

 

少し前に作ったものですが、

結構、簡単便利だったりしますので、興味がおありでしたら、試してみて下さい。

 

以下、この 系図作成ツール についての説明を、簡単にさせて頂きたいと思います。

 

 

001

 

 

※ このツールの 最大の特徴 は、系図に、自分の撮った写真 を入れ込める点です。

   (このツールは、マイクロソフトの Excel2010 で作成したものです。)

 

・まず、ZIPファイル(系図作成.zip) をダウンロードして下さい。

   こちら  から取得(クリックすると、ダウンロード画面が表示されます

 

・解凍後、系図作成フォルダ を開くと、2つのフォルダが確認できます。

   「 サンプル版です 」と「 飼育群系図 」の2つです。

 

   003  002

 

 

・「 サンプル版です 」は、どんな感じで表示されるのか、確認用です。

     中の 「 サンプル.xlsm 」を起動させて確認してみて下さい。

 

・使い方は、至って簡単、シンプルです。

 

    4

 

    サンプル.xlsm を開くと、上のように、群名入力画面が現れます。

 

    群名欄の列には、任意の群名 を入力し、

    右隣の母群名欄には、その群の、母群 に当たる群名を入力する形です。

    サンプル版には、既に仮の群名が入力されていますが、

 

     入力作業は、たったこれだけです。

 

・画面右上の、系図作成ボタンを 押すだけ で、系図が作成されます。

 

 

 

《 実際に利用される場合 》

 

飼育群系図のフォルダの方をご利用下さい。

    このフォルダを開き、飼育群系図.xlsm を開くと、登録画面が開きます。

 

・群(巣箱)の 写真 は、「 巣箱写真 」のフォルダ内に入れて下さい。

   写真ファイルは JPG のみで、ファイル名は、登録済みの群名に 変更 して下さい。

   これによって、表示が可能となります。

   ただし、もし可能であれば、ファイルを 圧縮 して軽くしておいて下さい。

   写真はそのまま系図に貼り付けられますので、写真ファイルが重いと、

   PCのスペックによっては、動きが遅くなってしまいます。

 

 

※ その他注意事項は、同梱の ”初めにお読みください” に書いてありますので、

    ご確認下さい。(ご要望等は、コメント欄にお書き下さい。)









プロフィール

やっこ

Author:やっこ
ニホンミツバチに関する様々なことを、
気ままに思いつくまま書いてます。
可愛く癒されるワバチの魅力を、たくさん発見したいと思っています。

アルバム
お知らせ!!
ブログに関する、お知らせをしています。

(現在、不定期に更新しています。)


・系図・作成ツール 公開!! → こちら


・採餌圏MAP 公開!!
 → こちら

Gallery
最新記事
ブログ内 検索
カテゴリ
月別アーカイブ
記事一覧

記事の一覧表示


管理画面 ( )
最新コメント
やっこ の オススメ書籍

ワバチに関する、おすすめの本です。

ぜひ、読んでみて下さい!!




ニホンミツバチが日本の農業を救う



ハチはなぜ大量死したのか