カナムグラ

カナムグラ と聞いて、ピンとくる方は、きっと、

 

「 あの厄介な雑草か!! 」

 

と思われるかと思います。

小さな があって、除草する際など、非常に 扱いにくい 雑草なんです。

 

kana

【 カナムグラ 】:人にとっては、厄介な雑草です。

 

でも、ワバチ好きの私にとっては、

晩夏から晩秋までの 花粉源 植物として、お気に入りであったりします。

実は、この時期、ワバチたちが、頻繁に訪れる花なんです。

 

CIMG2354_thumb12

【 カナムグラへの訪花 】:花粉を採取しているところ

 

 

カナムグラは、雌雄異株しゆういかぶ)、

つまり性別があって オスメス が存在しているようなんです。

 

の分泌はないようで、ワバチたちは花粉が作られる 雄花 にだけ、訪花します。

上の写真は、雄花に訪花して、花粉 を採取、団子にしているところです。

 

 

 

花粉玉

 

 

 

カナムグラからの、花粉採取 は、ちょっと、他の花の場合とは違っていて、

独特の、 面白い 方法を取っているんです。

 

この花は、花粉が 小さく軽い ため、ちょっとでも 振動 が加わると、

すぐに、周りに飛び散ってしまい、なかなか効率良く、作業が進まないんです。

 

これでは、花粉を集めることが 出来ません

 

そこで、ワバチは考えたのでしょう。

ちょうど上の写真のように、鞘に手を掛けて、ぶら下がり

わざと鞘を ゆすって、花粉を 体に落とし付着させる 方法を見つけ出したようです。

 

この時、体に ビッシリ と生えている、体毛 が役に立つわけです。

 

その後、体に付いた花粉を、飛びながら、あるいは、鞘に片手を掛けながら、

団子 にしているというわけです。

 

何という、凄技でしょう!!

 

 

 

【 カナムグラへの訪花 】:独特の方法で、花粉を採取します。

 

 

この技は、学習 して身に付けているようで、

見ていると、上手いハチ と、そうでないハチ、が居るのが分かります。

新米バチは、やはり 下手くそ のようですね。

 

花粉の色は、清々しい レモングリン なので、すぐに、この花のものだと分かります。

本などによると 補助花粉源花 となっているようですが、

晩秋の今の時期でも、巣の近くで大量に咲いている場合は、訪花していますね。

 

 

機会があれば、この独特の、花粉採取法を見てあげて下さい。

ワバチの 見事な凄技 に、感心させられると思いますよ。

 

 

 

 

(最終更新:2015.06.21)









アップルミント

盛りは、少し過ぎましたが、

最近、道端に アップルミント の花が咲いているのを、よく見かけます。

 

アップルミント

【 アップルミント 】:雑草の如く、逞しいハーブです。

 

花の時期は、7~9月ですが、花だけでなく、葉っぱ の方にも、

リンゴ の香りがするので、この名前が、付いているようですね。

ただ、私には、どうしても リンゴの香り とは思えません・・・・。

 

葉っぱが 丸い ので、

 

別名:「 マルバ ハッカ 」

 

とも呼ばれていて、

同じ時期に咲く、よく似た スペアミントペパーミント と区別が出来ます。

 

他のミント類に比べて、雑草の性質高く、生命力が 旺盛 のようで、

その辺の道端に、雑草に混じって、普通に ワサワサ 生えていたりします。

 

この花、実は、ワバチ も訪花するんです。

 

mint

【 アップルミントに訪花する ワバチ 】

 

花蜜花粉 の両方を、採取できる花なんですが、

人気があるようで、他にも、沢山の種類の ハナバチツチバチ が集まって来ます。

多くの ハチ たちにとって、魅力的 な花のようですね。

 

このアップルミント、ハーブティー としても楽しめるようなんです。

 

効能:強壮、健胃作用、消化促進。

美容:ハーブバスは、肩こりや筋肉痛を緩和。蒸気は鼻詰りに効果。

 

以上、こんな 効能 があるそうですが、

ハーブティーなんて、セレブっぽい響きのお茶、私には縁遠い世界ですね・・・・。

 

調べてみたら、実は、作り方は、極めて 簡単 だったようで、

熱湯 で温めた ティーポット の中に、適量 のアップルミントの葉を入れるだけでした。

(葉は水洗いして、生のまま で良いようですよ。)

 

これに、お湯を入れて、暫く置けば出来上がりです。(参照サイトは こちら)

 

何だ、まるで、普通の日本茶と 同じ じゃないか!!

 

これなら出来そう、今度、試してみようかなぁ・・・・。









ヤブガラシ

薮を覆って枯らしてしまう程、その繁殖力が凄っ!!

という所からこの名前(薮枯らし)が付けられているようですが、

この草、ちょっとした雑草地には必ずと言ってよいほど生えています。

 

yabugarashi

【 ヤブガラシ 】

 

名前は知らなくても、見たことが無いという方の方が少ないのではないでしょうか。

6~10月の中旬位まで花を咲かせていて、今はもうその終盤ですね。

 

この花、ワバチも訪花します。

yabu

【 ヤブガラシに訪花する ワバチ 】

花粉玉

 

【 ヤブガラシで吸蜜中の ワバチ 】

 

ワバチ達には、夏場の貴重な 蜜・花粉源 として、重宝している花なんです。

ワバチだけでなく、花バチ類、アシナガバチ類、スズメバチ類、

また、チョウなど他の昆虫たちも訪花する大人気の花です。

 

yabugarasi_l2

【 花弁・雄しべ 】:蜜を出すのはオレンジ色の時だけ (たのしい草花ずかん より)

 

咲いた直後は花弁と雄シベがありますが、すぐに両方とも落ちてしまいます。

その直後はオレンジ色。このときに蜜を出しますが、

2日目になるとピンクに色が変わり、蜜は出なくなってしまいます。

 

オレンジ色の時には、陽に照らされてテカテカ光っている程なので、

余程多くの蜜を出しているのでしょう。

 

試しに指に付けて舐めてみたことがありますが、

良く味わうと、確かに「 甘い!! 」

普段、花の蜜を直に舐められることなんてありませんが、

この花はそれが出来る貴重な植物の一つです。

 

こんなヤブガラシ、普段は雑草のように扱われていますが、

若芽を茹でて、アク抜きをすると食用になるそうです。

試したことはありませんが、どんな味がするのでしょう??

 

漢方では、

「烏歛苺(ウレンボ)」と云われていて、

   利尿解毒鎮痛

などに薬効のある生薬として利用されるようです。

 

意外に利用価値のある植物だったんですね。

今度、道端を歩いている時にでも見つけてみて下さい。

そして、その蜜を舐めてみては如何でしょうか。

 

ワバチの気分になれるかなぁ ・・・・!?





《 関連リンク 》

 ● ヒメちゃん






クコ

「 クコ 」

 

と聞いて 杏仁豆腐 だ~ !!

と最初にイメージするのは、私だけでしょうか?

 

そう、杏仁豆腐の上に乗っている、あの 赤い実 です。

 

image

【 クコ 】:10~11月に、真っ赤な実がたくさん生ります。

 

クコの実は知っていても、その花を知らない人は意外に多いように思います。

実の色からは想像できない、紫色の可憐な花をたくさん咲かせるんです。

今、クコの花が盛りを迎えています。

 

この花、ワバチも訪花するんです。

 

koko

【 クコに訪花するワバチ 】:花蜜・花粉の両方を採取できる花です。

 

 

クコ花粉玉

 

 

 

花は、梅雨の時期から咲き始め、盛りは今頃ですが11月まで咲き続けます。

川沿いに多いようで、雑草のように生えていて、花も小さいので注意して見ないと、なかなか気付きません。

 

意外に思われるかもしれませんが、クコは「 ナス科 」の植物です。

ナス科は トマトナス といった蜜を出さない花が多いのですが、

この中にあって、クコの花は、花粉が採り易く、蜜も豊富なので、

ワバチは好んで訪花するんです。

 

中国では古く  三、四千年前からその葉、実、根皮は、薬用に利用されてきました。

日本では純度の高いものは難しいようですが、「 クコ蜜 」も薬用効果が高いとされています。(私は舐めたことがありませんが、どんな味がするんだろう・・・)

 

効能は沢山あって、

 

・強壮や視野の改善、顔肌の色つやの改善

・保肝、降血圧

・コレステロール値を下げる

・動脈硬化の予防

・降血糖免疫力の増加

・一定の抗癌効果

・慢性肝炎、中心性網脈絡膜炎、肺結核、糖尿病などの治療効果

 

などが知られています。凄い!!  万能薬ですね。

 

果実は生で食べられる他、ドライフルーツ(これが一般的ですね)として、

また、お酒に漬けてクコ酒にする他、クコ茶なんかもあるようです。

(→ 詳しくは こちら

 

薬膳としてお粥の具にもされるようですが、

調べてみると、クコの実を使った料理も色々あるようですね。

(→ 詳しくは こちら

 

 

こんな 膳効果満載 のクコの実も、ワバチ達の受粉のお陰で結実しているんです。

 

 

いい仕事してるな~ 、ワバチ!!










コセンダングサ

「 ひっつき虫 」

 

といった方が、馴染みがあるかもしれませんね。

何だか懐かしい響きですが、

雑草に見えるこの花も、れっきとした 蜜源花 なんです。

 

image

【 コセンダングサ 】

写真右下が種子になった状態で、衣服などにひっつきます。

子供の頃に遊んでいて、気付かぬうちにひっついてしまった経験があるはずです。

(最近の子はそんな経験しないのでしょうか・・・・?)

ひっつき虫には、他にも オオオナモミ なんかがありますね。

 

 

この コセンダングサ ですが、近縁種(キク科のセンダングサ属)が多く、

 

sendan

【 コセンダングサの仲間 】:種子は同様にひっつきます。

 

センダングサシロノセンダングサコバノセンダングサアワユキセンダングサ など、

同じような花を咲かせ、ひっつく種を作るものがあります。

 

この花、実はワバチもよく訪花していて、今盛りを迎えています。

 

kosendan

【 コセンダングサに訪花するワバチ 】

 

 

花粉玉

 

 

【 コセンダングサに訪花するワバチの様子 】

 

 

外来種(帰化植物)で、単なる雑草ですが、

実はワバチが 大好き な花で、よく訪花しているのを見かけます。

9月中旬から12月中旬にかけて咲き、越冬前の貴重な蜜・花粉源植物なんです。

 

今ワバチを見たかったら、

この花か、これから盛りを迎える セイタカアワダチソウ を探しましょう。

河川敷や荒地(雑草地)には必ず生えているはずですよ。










セイタカアワダチソウ

名前は知らなくても、この花を見たことが無いという人はいないでしょう。

ちょうど今の時期頃から11月まで咲き続け、雑草地を金色に染めてしまうあの花です。

 

seitaka

【 セイタカアワダチソウ 】:遠目で見ると黄金色の如く輝いています。

 

この植物、北アメリカらやってきた外来種(帰化植物)で、

日本では、侵略的外来種ワースト100 (詳しくはこちら

という不名誉なレッテルを貼られていますが、

 

ワバチにとっては、越冬前の貴重な蜜源として欠かせない、

最重要蜜源植物 の一つなんです。

 

この花によって、越冬を助けられたワバチ群がどれだけいることでしょう。

一時は気管支喘息や花粉症の元凶だと考えられ、徹底的に駆除されていましたが、全くの冤罪だと分かった今でも、何故か刈り取られてしまう運命・・・・。

 

最初のイメージというのは、恐ろしいものですね。

でもせめて、花が終わるまで待っては頂けないものなのでしょうか・・・・・。

関係諸氏、よろしくお願い致します。

 

この花、大量の花粉 も採れるので、実はワバチの 超大好き な花なんです。

 

awadachi

【 セイタカアワダチソウに訪花するワバチ 】

 

 

花粉玉色

 

 

【 セイタカアワダチソウに訪花するワバチの様子 】

 

DSC_0372_cr

【 セイタカアワダチソウ 】:小さな花が集まっています。

 

花をよく見ると、小さな花がたくさん集まって咲いているのが分かります。

このような花は、わざわざ飛び回る必要が無く、

一度に多くの花を歩いて回れるので、ワバチは 好んで 訪花します。

 

つまり、採餌効率 が良いんです。

楽ちん出来て、しかも効率的なものが好きとは、まるで人と同じですね。

 

 

もちろんハチミツも大量に採れるのですが、

ただ、ちょっと癖があって、日本人の口には合わないようです。

蜜の味や臭みを嫌って、この花の咲く前に採蜜を済ませる人もいるほどです。

 

ただ、アメリカではこのハチミツは 最高級の蜜 とされているようで、

2~3ヶ月も貯蔵しておくと、まろやかで独特の風味を持つ味に変るようです。

因みにこの花、アメリカでは大人気で、アラバマ州では州花にもなっているようですね。

 

このセイタカアワダチソウには、実は意外な 薬効 があることをご存知でしょうか。

お風呂に入れたり、お茶にして飲んだりすることで、

アトピー、喘息、腎臓病、乾燥肌、胃腸病 などに効果があるようです。

(詳しくはこちら

 

お茶は、そのままでは苦いので、普通の緑茶と混ぜて飲むと、ジャスミン茶のような感じでなかなかおいしいようです。

(一度試してみようかな・・・・。)

 

これが本当なら、雑草ではなく、薬草 ですね。

もっとこの花を大事にしても良いのではないでしょうか!!

 

 

セイタカアワダチソウは、河原や雑草地に行けば必ず生えています。

そこに行けばきっと、たくさんのワバチ達を見ることが出来るはずです。

 

 

この秋、ワバチに会いに行ってみませんか!!










ヒメツルソバ

「 姫 蔓 蕎 」と書きます。

 

よく見かける花だと思いますが、

それもそのはず、この花、ほぼ一年中 咲いているんです。

 

hime

【 ヒメツルソバ 】

 

名前にもあるように、ソバ の仲間で、ヒマラヤ原産の帰化植物(外来種)です。

花がピンク色できれいなのと、地表を這うように、どんどん繁殖してゆくので、

園芸用 に植栽されたりもするようですね。

 

元々、暑さ、寒さや乾燥にも強いので、雑草のごとく 半野生化 していて、

住宅地などの道端でも、結構目にすることが多い気がします。

 

一応、花の盛りの時期があって、4~5月 と 今頃 10~11月 なのですが、

それ以外の時期は、薄汚れた感じがあって、ちょっと見苦しい!?

残念な感じもあったりしますね・・・・。

 

この花、実は、ワバチも 訪花 するんです。

 

himeturu1

【 ヒメツルソバで吸蜜中のワバチ 】:花粉ではなく蜜を中心に集めるようです。

 

 

【 ヒメツルソバで吸蜜中のワバチの様子 】:花から花へ歩いて移動したりします。

 

 

ほぼ 一年中 咲いているのに、

何故か訪花するのは、今の時期 しか見たことがありません・・・。

恐らく、セイタカアワダチソウ も終わり、他に有力な花が 少ない からだと思います。

 

もう少しすると、ヤツデビワ とった、魅力的な花が咲き始めるのですが、

その間の つなぎ 的に利用しているのだと思います。

結構、このような つなぎ としての蜜源花も、多く存在しているようですね。

 

毎年この時期になると、

花に来ているワバチを見るだけで 嬉しい 気持ちになってしまいます。

それは、オオスズメバチの脅威 を、無事に乗り超えてくれたからです。

 

同時に、これから立ち向かう 越冬 という大きな試練に思いをはせると、

 

「 頑張れよ 」 と声を掛けずにはいられません。

 

一難去って、また一難、

厳しい自然界を生き抜いて、今日もワバチは頑張っています。

 

今度、この花を見かけたら、少し足を止めて探してみて下さい。

きっと、可愛く 健気に 頑張る ワバチの姿 を見ることが出来ると思います。

 

 

頑張れ、ワバチ!!









ハマヒサカキ

「 浜姫榊 」 と書きます。

 

この花の香りは、ちょっと独特の 青臭さ があり、万人受けはしませんが、

ワバチが訪花するので、私は 耐性!? がついてしまいました・・・。

 

image

【 ハマヒサカキ 】:花は下向きに、密集して咲きます。

   花粉も多く、如何にもワバチ好きする花といった感じです。

 

低木で、密集して葉を付けるので、海岸や河川の 防風用 として、

また、街路樹の 生垣 などとして、植栽されているのを良く見かけます。

この樹は、千葉県以南に分布するようで、これより北の方には縁が無い花ですね・・・。

 

実は、この花、ワバチが 好んで 訪花するんです。

 

hamahisa

【 ハマヒサカキに訪花するワバチ 】:真っ白い花粉がたくさん取れます。

 

 

 

花粉玉

 

 

 

【 ハマヒサカキに訪花するワバチの様子 】:蜜と花粉を集めます。

 

多くの 花粉 も採れる花で、

初冬のこの時期から、年内一杯くらいまで咲き続けるので、

冬の 貴重 な蜜・花粉源花の一つなんです。

 

花粉はサラサラして軽いようで、花を軽く突くだけで、白い花粉が落ちてきます。

ワバチは、花をゆすって、花粉を体に落としているようですね。

カナムグラの花粉採取法に、少し似ているような気もします。

 

この花は、密生した葉に 隠れる ようにして咲いているので、

一見、開花しているのか分かりません。

ただ、傍を通ると独特の匂いがしてくるので、すぐに 気付くんです。

 

ワバチも、この匂いに誘われて訪花しているのでしょうが、

不思議とヨウバチが訪花している姿を見たことがありません・・・。

実はワバチって、臭いもの好き!? なのかもしれませんね。

 

ちなみに、

同じ仲間の、春に咲く ヒサカキ も同じような花を付け、

独特の青臭い匂いも同じですが、こちらもワバチは好んで訪花しています。

 

私は、この花の香りを嗅ぐと、冬の訪れを感じてしまいます。

同時に、これから厳しい冬に向うワバチ達を想うと、心配になってしまうんです。

 

 

ハマヒサカキ、

ちょっと近寄り難い香りがしますが、是非機会があったら覗いてみて下さい。

でっかい花粉 を付けた 可愛いワバチ に、出会えると思いますよ。









ヒイラギ

と書いて 、

 

「 柊 」(ヒイラギ)

 

文字通り、冬の花で、清々しい香りのする、小さな白い花 をたくさん咲かせます。

 

image

【 ヒイラギ の 花 】:写真左下が雌花、右下が雄花

 

花の時期は、11~12月 で、もう終わりを迎えようとしています。

モクセイ科 のこの樹、雄と雌があって(雌雄異株)、それぞれに花を咲かせるのですが、

上の写真のように、花の形が 違い ます。

 

image (1)

【 ヒイラギ の 葉 】:左が若木、右が古木

 

葉っぱの周りは、ギザギザした棘 があって、触ると少し痛いのですが、

古い樹になると、棘がだんだんなくなってきて、丸く なってくるようです。

 

この花、実は、ワバチも訪花 するんです。

 

hiiragi

【 ヒイラギに訪花するワバチ 】:雌花に訪花するワバチ

 

ヒイラギは、冬の時期に咲く 貴重蜜・花粉源花 だったりします。

この写真は、雌花 ですが、花蜜と花粉の両方 を採取してます。

 

 

ヒイラギ

 

 

 

ちなみに、クリスマス の飾り付けに使われるのは、この ヒイラギ ではなく、

 

セイヨウヒイラギ

 

と呼ばれる、モチノキ科 の木で、花は4~5月、今の時期は、真っ赤な実 を付けます。

 

christmas_l1

【 セイヨウヒイラギ 】:ヒイラギとは全くの別種

 

12月以降、これからの時期は、ワバチ達は 越冬態勢 に入り、

暖かな日を除いて、外に出ることも無くなっていきます。

 

何とか頑張って、冬を乗り切って欲しいものです。

 

 

頑張れ、ワバチ!!









ローズマリー

言わずと知れた、代表的な、

 

ハーブ  &  スパイス

 

の1種として、とても有名ですね。

 

image

[ ローズマリー ]:常緑で、葉は乾燥させても利用できます。

 

様々な品種があり、花の色も 水色~青、ピンク、白 などいろいろあります。

元々、地中海沿岸 に、自生分布していたようですが、丈夫で、手軽に育てられるので、

ガーデニング 用としても、一般家庭で広く植栽されていたりします。

 

少し独特の 強い香り がしますが、頭をクリアにして、記憶力や集中力を高める効果

があるので、ハーブティー、アロマオイル などとしてよく使われます。

(イライラした時などに、この葉をむしって香りを嗅ぐと、落ち着きますよ)

 

また、香辛料としても利用されていて、消臭効果 があるので、

臭みの強い ラム 、鶏などの 肉料理魚料理 での、臭い消しにも良く使われます。

野菜では、じゃがいもやカブ、カリフラワーが特に相性が良いようですね。

 

その他にも、薬効や防腐効果があるようで、様々に利用されています。

一年中、葉が茂っていて、何時でも使えるのと、乾燥させても利用できるので、

重宝するハーブだったりします。 (参照サイトは こちら

 

実はこの花、ワバチもよく 訪花 するんです。

 

rozumari

[ ローズマリーの訪花するワバチ ]:背中に花粉が付いています。

 

 

 

花粉玉

 

 

 

花は 1月中頃 から咲き始めて、盛りは 4月 ですが、11月 位まで咲き続けます。

主に 花蜜 を集めますが、たまに 花粉 も採集していますね。

 

他にもっと魅力的な花がある時期は、あまり見られませんが、今からの時期、

冬の間から、春先には、貴重な 蜜・花粉源 となるので、よく訪花する姿を見かけます。

機会がありましたら、今度よく観察してみて下さい。

 

実は、ローズマリーは、受粉 の為に、面白い戦術 を使っています。

吸蜜すると、ちょうど、花粉のある 雄しべ が、ワバチの背中 に付くようになっていて、

上の写真のように、背中に花粉がくっ付いてしまうんです。

 

雌しべ は、雄しべのすぐ隣にあって、ハチが、他の花へ吸蜜しに行くと、

今度は背中の花粉が、この雌しべにくっ付くという仕掛けです。

 

花の 構造 をこのように進化させてきたわけですが、なんとも、賢い花ですね。

ちなみに、ランの仲間もこのようなやり方をしていたりします。









プロフィール

やっこ

Author:やっこ
ニホンミツバチに関する様々なことを、
気ままに思いつくまま書いてます。
可愛く癒されるワバチの魅力を、たくさん発見したいと思っています。

アルバム
お知らせ!!
ブログに関する、お知らせをしています。

(現在、不定期に更新しています。)


・系図・作成ツール 公開!! → こちら


・採餌圏MAP 公開!!
 → こちら

Gallery
最新記事
ブログ内 検索
カテゴリ
月別アーカイブ
記事一覧

記事の一覧表示


管理画面 ( )
最新コメント
やっこ の オススメ書籍

ワバチに関する、おすすめの本です。

ぜひ、読んでみて下さい!!




ニホンミツバチが日本の農業を救う



ハチはなぜ大量死したのか