自然巣

ワバチを飼育している人の中にも、驚いたことに、自然状態の巣を見たことが無い、

という方がいるようです。

 

ワバチは野生のミツバチなので、当然、自らの意志で住居を決めています。

私がワバチを飼育したいと思った時、自らが選んだ、自然状態の巣を知らずして、

ワバチを知ることなど出来ないと考え、まず自然巣を探し出そうと思い立ちました。

 

でも、いったいどのようなところに、巣を作っているのか、

初めは、皆目、見当も付きませんでした。

 

本を読んだり、ネットで検索したり、ある程度は理解できたのですが、

実際に見たことがない、私にとっては、今一つ、イメージし辛いものだったのです。

 

取り敢えず、探してみよう!!

 

それからは、それらしい所を、しらみつぶしに歩いて探し始めました。


森、林、自然公園、神社 などなど・・・・。


調べた情報を元に、2か月間歩き回り、探しまくりましたが、

全く見つかりません ...... 。

 

半ば、諦め掛けていたある日、

その日も、どうせいないだろう、と思いながら神社を歩いていると、、、

何と、ブンブン ハチが、出入りしているではありませんか!!

 

胸がドキドキ・・・・、

 

大概のことを経験している齢の私が、


ドキドキ、ワクワク、興奮、


しているではありませんか。

こんなことで、まだ、興奮できる自分にも驚きましたが、

やっと見つけた、という達成感で、胸が一杯でした。

 

そして、初めての発見から、約一年、

念願の待ち箱に、ワバチが入居してくれた時の


興奮、喜び、感動、といったら・・・・、


もう、この時の比ではありませんでした。

 

その後、多くの自然巣を見つけ、継続して観察し続けています。

データを取って比較すると、何やら見えなかったものが、

見えてきたりもしています。

 

今では匂いで(本当に匂う訳ではありませんが・・・)自然巣のある環境が、

分かるようになりました。

 

どこに仕掛ければ、入ってくれるのか、

キンリョウヘンなど、使わなくても、良い方法も分かってきました。


 

・ワバチは、どんな環境を好むのか?

・どんな物件を、住居として選ぶ傾向があるのか?

・巣門の方向は、どの方向が多いのか?

・地上から巣門までの、高さは?

・自然巣の営巣期間は、どのくらいなのか?

・自然巣の、消滅理由は?

理想の、住処とは?



自然巣を観察してきて分かったことなどを、今後、少しずつ書いてみたいと思います。









保護色

前回、ワバチの体色が黒いのは保護色だからだと書きましたが、今回もワバチの保護色の例をご紹介したいと思います。

 

CIMG3629

 

これは自然巣で、地上10m位の所にある巣門付近の写真ですが、ハチが多数張り付いているのがお分かり頂けるでしょうか?

(写真中央右付近にはなんとアオダイショウがいます・・・・・。)

 

CIMG3625

 

これは上の写真の巣門付近を拡大したものですが、本当によく見ないと分かりません。

保護色という進化は、特別ワバチに限ったことではありませんが、あらためて生命の神秘を感じさせられてしまいます。





《 関連リンク 》

 ● ワバチは何故黒い!?







関連記事

ワバチは何故黒い!?

自然巣の観察からワバチを知る。

というアプローチでワバチと付き合ってる私ですが、自然巣を見た時になぜワバチが黒い体色なのかが解りました。

 

CIMG3637

 

そう、保護色なんですね。

この写真は自然巣の巣門部分なんですが、巣門周辺にワバチが張り付いているのが分かるでしょうか?

背後の樹と完全に保護色になっていますよね。

 

さらに良く見ると、巣門下の部分にひっくり返ったノコギリクワガタのオス(大顎)が居ます。

先日巣門近くで樹液を吸っていたのを確認しているので、恐らく蜂球で熱殺!?されたのだと思います。

本当にクワガタが熱殺されたのだとしたら、私には初の発見です。





《 関連リンク 》

 ● 保護色


関連記事
プロフィール

やっこ

Author:やっこ
ニホンミツバチに関する様々なことを、
気ままに思いつくまま書いてます。
可愛く癒されるワバチの魅力を、たくさん発見したいと思っています。

アルバム
お知らせ!!
ブログに関する、お知らせをしています。

(現在、不定期に更新しています。)


・系図・作成ツール 公開!! → こちら


・採餌圏MAP 公開!!
 → こちら

Gallery
最新記事
ブログ内 検索
カテゴリ
月別アーカイブ
記事一覧

記事の一覧表示


管理画面 ( )
最新コメント
やっこ の オススメ書籍

ワバチに関する、おすすめの本です。

ぜひ、読んでみて下さい!!




ニホンミツバチが日本の農業を救う



ハチはなぜ大量死したのか