越 冬(その1)

越 冬(その1)

昆虫は、周囲の気温によって体温が変わってしまう、 (体温を調節することが出来ない)   変 温 動 物   という種類の動物です。   当然、冬の期間は、その寒さの為に 活動を制限 されてしまいます。   卵、幼虫、サナギ、成虫   【 様々な越冬態 】:昆虫は、卵・幼虫・蛹・成虫と様々な形で越冬します。   様々な 越冬態 で、冬を越す昆虫ですが、 その 越冬法 には、大きく分け...
ヒイラギ

ヒイラギ

冬 の 木 と書いて 、   「 柊 」(ヒイラギ)   文字通り、冬の花で、清々しい香りのする、小さな白い花 をたくさん咲かせます。   【 ヒイラギ の 花 】:写真左下が雌花、右下が雄花   花の時期は、11~12月 で、もう終わりを迎えようとしています。 モクセイ科 のこの樹、雄と雌があって(雌雄異株)、それぞれに花を咲かせるのですが、 上の写真のように、花の形が 違い ます。   【 ...
フライト マッスル (飛翔筋)

フライト マッスル (飛翔筋)

ワバチが飛ぶことが出来るのは、もちろん 翅 を持っているからですが、 この翅を動かすための、エンジン に相当しているのは、   飛 翔 筋 (Flight Muscle)   と呼ばれる、非常に発達した 筋肉 です。 この筋肉は、ワバチの 胸部 にギッシリ詰まっているんです。   【 胸部断面図 】:筋肉は飛翔筋です。   ちなみに、スズメバチ がワバチを捕まえるのは、この 飛翔筋 が欲しいからなんです。 ...
六角形は うそ !?

六角形は うそ !?

「 ミツバチの巣は、六角形で出来ている。」       これはあまりにも、有名ですが、   実は、初めから 六角形 を作っているわけではない。   という説があるのを、ご存知でしょうか。   えっ!?   いったいこれは、どういうことなんでしょう?     ワバチの巣板作りを、少し見ていきたいと思います。   ・腹部の ろう腺 から、蜂ろう を分泌し、巣材としてい...
ハニカム構造

ハニカム構造

ミツバチ(Honey)の 巣(Comb)という意味で、   「 ハニカム構造 」   とも呼ばれる、ワバチの巣 は、 六角形の筒 が敷き詰められて、出来上がっています。   この構造、実は、 より少ない巣材、より効率的な空間利用、より丈夫で軽量 という、巣板作りに要求される 全ての条件を満たす ことが出来るんです。 (条件は、こちらを参照)   ハニカム構造について、少し見ていきたいと思います。 ...
  
-->