蜂パン

ワバチの主食は、ハチミツ花粉 です。

 

花蜜 は、ハチミツに加工することで、エネルギー効率 の良い燃料になるだけでなく、

防腐効果 をもたらし、長期の保存も可能にしています。

 

では、花粉の方は、加工していないのでしょうか?

 

花粉 は、ハチミツのような、積極的 加工は行っていないようです。

それは、花粉はあまり 貯蔵する必要がない ことと、関係がありそうです。

 

 

ここで、花粉団子が巣房に貯蔵されるまでを、見ていきたいと思います。

 

・花粉を採取する採餌蜂は、花粉団子を作り、巣へと持ち帰ります。

   採取蜂は、ハチミツを加えた 花粉団子 という形で、花粉を巣に持ち帰ります。

       花粉団子は、両足で計 30㎎ 位にもなるようですね。凄い!!

      (花粉団子は、こちらを参照)

 

・花粉団子は、採取した採餌蜂自らが、貯蔵巣房まで運びます。

   花蜜の場合は、巣門付近で 貯蜜蜂 に口移しで渡しますが、

       花粉の場合は、持ち帰った採餌蜂 自身 で、花粉の貯蔵巣房まで持って行きます。

 

・貯蔵巣房まで運ぶと、中肢の剛毛を使って、巣房内に花粉団子を落とし入れます。

   花粉貯蔵用の巣房へ行くと、団子の付いている、後肢 を巣房内に入れます。

       そして、中肢にある専用の 剛毛 を使い、花粉団子を巣房内に落とし入れるんです。

 

        image (1)

       【 中肢の剛毛 】:花粉団子を外すために使う、専用の毛です。

        蜜と花粉を集める蜂より)

 

 

・巣房に落とされた花粉団子は、貯蔵係の貯蔵蜂によって、押し込められます。

   待機していた花粉貯蔵蜂によって、花粉団子はある程度噛み砕かれます。

       この際に、少量の ハチミツ も加えられているようです。

       そして、頭を使って巣房内に、ギュギュッ と押し込んでいくんです。

 

 

hatipan

 

 

 

・押し込められた花粉は、地層のように何層にも積み重なります。

   様々な色の花粉団子が、何個も積み重なるので、その断面は、

       まるで、地層 のように見えるんです。

 

        image

       【 何層にも積み重ねられた花粉団子 】:この状態を 蜂パン と呼んでいます。

 

 

このようにして、花粉団子は巣房に貯蔵されていきますが、

この何層にも積み重ねられた状態の、貯蔵花粉のことを、 

 

 

「 蜂パン 」 Bee bread

 

 

と呼んでいます。

 

ワバチは、実際には、この 蜂パン を食べているということなんですね。

 

この蜂パンは、集める先から使われていきます。

基本的に花粉は、必要な時(特に育児期)に必要なだけ集められるので、

貯蔵期間は短く、長期に貯蔵 されることは 少ない んです。

せいぜい数週間、長くて1~2ヶ月といったところでしょうか。

 

ただ、長く巣房内に貯蔵される場合もあるので、ワバチは 一工夫!? をしています。

それは、

 

・蓋をすることでの防腐効果。

   長期貯蔵になる場合は、最後の花粉団子に多量のハチミツを加えて粘性を高め、

        念入りに押し付けて、としているんです。

        この蓋により酸素が入らず、酸素を好む 腐敗菌の活動を阻止 します。

 

・花粉に付く乳酸菌が作る、乳酸による防腐効果。

   → 花粉に付着している天然の植物性乳酸菌が、ハチミツ中の糖分を使って、

        乳酸発酵を行い、乳酸を作り出します。

        この乳酸は、pH(ペーハー)を下げ、蜂パンを酸性にする働きがあるんです。

        酸性下では、腐敗菌は活動できなくなります。

        因みにこの乳酸菌、味噌、醤油、漬物などにも含まれます。

 

・ワバチの体表にある、脂肪酸の混入による防腐効果。

   → ワバチの体表には脂肪酸が付いていて、接触によって蜂パンにも混入しています。

        この脂肪酸は、乳酸同様、酸なので、防腐効果があるようです。

 

貯蔵花粉内 では、このようなことが起こっているのですが、

これは、ワバチが積極的に講じている工夫とうよりも、結果そうなっている

と言った方がよいのかもしれません。

 

というのは、

ワバチにとって、花粉の長期保存は、特に メリットがない と思われるからです。

ある程度長期に貯蔵される蜂パンは、一部、発酵(半発酵!?)していますが、

 

これによって、花粉の栄養成分が変わることはありませんし、

幼虫の花粉消化を、助けているわけでもありません

 

つまり、熟成的な長期保存は、必ずしも必要としないようなのです。

確かに、熟成が必須なら、もっともっと花粉を集めているはずですよね。

 

さて、

花粉は、植物の 雄性の生殖細胞 です。人で云えば、精子に当たるものですね。

植物細胞には 細胞壁 があるのが特徴ですが、

 

この細胞壁、花粉 にもあるんです。

 

花粉の外殻に当たる、細胞壁は、花粉壁 と呼ばれていて、

非常に硬い スポロポレニン という物質が含まれています。

 

Beepollen

【 様々な花粉粒 】:植物により形は異なりますが、固い殻で覆われています。

 

実は、この固い物質、ワバチには(人にも)消化できない んです。

実際、ワバチの糞を調べると、花粉の殻が消化されずに残っています。

 

ここで、一つ疑問が湧きます。

 

殻を消化できないのに、どうやって栄養素を吸収しているの?

 

それは、浸透圧 を利用しているんです。(余談を参照)

 

実は、花粉には、花粉孔 と呼ばれる小さな穴がたくさん開いていて、

この穴から、浸透圧によって栄養素が 花粉の外 に染み出てくるんです。

 

花粉壁)は消化できなくても、栄養素を取り出すことは出来るんですね。

ちなみに、これは人でも同じなんです。

 

 

蜂パン(花粉)は、ワバチにとっては、体を作るために必要な、

 

唯一の タンパク源

 

ですが、これが無くなると、

ローヤルゼリーが造り出せないため、女王蜂の産卵が止まり、

幼虫の餌も途絶えるので、新たに働き蜂が生まれてこなくなります。

 

つまり、ワバチにとって 花粉不足死活問題 なんです。



『  蜂パン は、ハチミツ よりも 重要!? 



な食糧、と言えるかもしれませんね。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

余談ですが・・・・・、

 

浸透圧について

浸透圧 という言葉は、良く聞くと思います。

 

これは、濃度の異なる、2つの溶液があった場合、

濃度の低い溶液(低張液)は、高い溶液(高張液)に移動しようとする性質のことで、

浸透圧というのは、この移動時に掛かる 圧力 のことなんです。

 

花粉の栄養素は、腸内 で吸収されます。

花粉内の栄養素(栄養液)は、浸透圧によって に出てきますが、

 

 

花粉浸透圧

 

 

 

これは、栄養液よりも、腸内の濃度の方が 高い濃い)ということで、

 

栄養液低張液が、浸透圧により、

腸   内高張液へ吸い出される形になるわけです。

 

 

花粉の吸収過程0

 

 

つまり、花粉内 から 花粉外 へ圧力(浸透圧)が掛かるために、

中の栄養素が、外に出てくるということなんです。





《 関連リンク 》

 ● 花 粉

 ● 花粉団子







関連記事

こんな記事も、ありますよ!!



コメントの投稿

非公開コメント

No title

つばき さん

感銘を受けるだなんて、滅相も御座いません。

素人の、下手の横好きで書いているだけなので、
毎回、大した内容でもなく、恐縮してしまいます。

自身の勉強も含めてやっているので、
今回のご質問で、より理解が深まりました。
ありがとうございました。

お見事です!

やっこさん

毎回感銘を受けるのですが…お見事です!
私の疑問を見事解決して頂きました。

また、一般化学成分組成ではローヤルゼリーと花粉だんごが
似ているとされる理由も分かりました。
プロフィール

やっこ

Author:やっこ
ニホンミツバチに関する様々なことを、
気ままに思いつくまま書いてます。
可愛く癒されるワバチの魅力を、たくさん発見したいと思っています。

アルバム
お知らせ!!
ブログに関する、お知らせをしています。

(現在、不定期に更新しています。)


・系図・作成ツール 公開!! → こちら


・採餌圏MAP 公開!!
 → こちら

Gallery
最新記事
ブログ内 検索
カテゴリ
月別アーカイブ
記事一覧

記事の一覧表示


管理画面 ( )
最新コメント
やっこ の オススメ書籍

ワバチに関する、おすすめの本です。

ぜひ、読んでみて下さい!!




ニホンミツバチが日本の農業を救う



ハチはなぜ大量死したのか