普通、子供が生まれて増えることを、繁殖 と言いますが、

ワバチの場合はちょっと事情が 違い ます。

 

普段、ワバチは、

最大約2万匹の働き蜂と、1匹の女王蜂が一つの コロニー を作り生活をしています。

そして、女王蜂は、真冬以外は、常に 卵を産み続け、子供達を 増やし続けて います。

 

この行為、一見、繁殖のようにも見えるのですが、

ワバチの場合、この子供を増やす行為を、繁殖 とは 言わない んです。

 

え !?

 

以前、ワバチの社会は、コロニー全体で、一つの生命体 という意味で、

 

超個体こちらを参照)である。

 

と書きましたが、これを理解すると、よく分かるはずです。

 

人は、普段は意識すらしていませんが、常に 新しい細胞 を体内で作り出しています。

細胞の 新陳代謝 というやつですね。

 

 

TurnOver01

ターンオーバー(新陳代謝)のプロセス より

 

 

細胞には寿命があるので、常に新しく作り続けていかなければ、死んで しまうんです。

分かりやすい例では、髪の毛や爪 は、常に伸び続けますし、日焼けして皮がむけても、

下には 新しい皮膚 が、ちゃんと用意されていますよね。

 

女王蜂が常に産卵し、子供たちを増やし続ける行為も、実はこれと同じことなんです。

つまり、これはあくまで、自分のコロニー を維持するためだけの行為なんですね。

 

細胞の新陳代謝を、繁殖とは言わないのと同じように、

ワバチのこの行為もまた、実は 繁殖 とは 言えない んです。

 

 

では、ワバチは、どのように繁殖しているというのでしょう?

 

 

このことについては、次回書いてみたいと思います。







《 関連リンク 》

 ● 巣別れ

 ● 超 個 体 !?







関連記事

Leave a comment

0 Comments